広告
熱量 を計る! 温度計ともう一つの指針を持つ

アメリカ オルトン社の専用台がいらない新発想コーン、名付けて「立つゼーゲル」

自立型オルトンコーン
Self Supportings Cone 取り扱い 品番拡充 人気商品です!

2019年10月1日 消費増税に伴い 価格を改定しまし た。
また、運賃も改定になっています。
直輸入の為為替の影響を受けやすい商品ですが、出来るだけ安定的に供給できるように今後とも努めて参ります。

西浦商事ではこ の画期的な商品を早くから皆様に直輸入してご紹介しています。
専用台を買うこともなく、粘土で角度を調整してたてる必要もない「立つゼーゲル」
業界では少しずつ認知も上がってきていますが、 日本ではまだまだ取り扱い店も少なく初めて目にする方も多いと思います。
価格的にも専用台を購入する事を考えると、通常のコーンコーンより割安です。
多くのお客様から便利だと好評で、ゼーゲルコーンからの乗り換えのリピーターも多くなりました。
やがてこのタイプが主流になると思われます。Orton社 もこの自立型コーンをメインにしてきました。
皆様のご要望におこたえして、取り扱い品番も拡充しています。
国産のゼーゲルコーンの生産中止などで、対応をお悩みの方も一度お試し下さい。


正確な傾斜角
正確な屈曲線



なぜコーンを使うの?



・焼き物の焼成は実は温度よりも受けた熱量の方が重要です。
コーン受けた熱量に対応して熔倒します。
受けた熱量を計る事で、焼成の安定化がはかれます。
 温度が低 く ても焼成時間が長ければ熱量は多くなりますし、温度がかなり
高くても急激に温度をあげた短時間焼成ならば熱量は低くなります。コーン
は長時間の焼成では少し低い温度で倒れ、短時間焼成ではより高い温度でな
いと倒れません。コーンは均一した焼成のもう一つの指針となります。
つまり焼度(焼成効果、焼成度)または、耐火度を視覚的に測定します。




自立型オルトンコーンは

専用台が要りません

 



・ 専用台を別に買う必要がありません。
割安になります。
・専用台がなくなって、粘土で代用してしまっている。
そんな心配がなくなります。
 ゼー ゲ ルコーンや通常のオルトンコーンでも専用台は売ってますが、併用
すると割高になったり、粘土の乾燥が悪いと焼成中に折れたりします。


自立型オルトンコーンは

安定した測定が可能





・専用台でも入り方が不安定で不安。。
・つい面倒で粘土台を適当に作って立ててしまう。。
・粘土台を作っているが、いつもこれで良いのかと思う。。
80度の角度なんて心配無用
置くだけなので、いつも同じ正確な角度で使えます。

 ゼーゲルコーンや通常の オ ルトンコーンは80度の傾斜で立てて計測する
よう求めています。



自立型オルトンコーンは

倒れ方が安定します


・半倒からなかなか倒れてこな い。。
屈曲線(筋目)から、綺麗に倒れます。
屈曲線の高さが一定なので倒れ方の違いが一目瞭然です。
 ゼー ゲ ルコーンやオルトンコーンはコーンの先が軟化して自重で倒れ接地
する溶倒温度が番号に対応した温度目安と規定しています。
粘土台への差し込み方がバラバラだと正確な測定は出来ません。



selfsupport コーン
cone 6 cone 7 cone 8 cone 9 cone10
ピンク
オレンジ
イエロー
ホワイト
ピンク
サイズはそれぞれ 6.35cm高 約8gです。お届けは2本セットになります。
オルトン社提供 温度対応表 (pdf 928kb)  通常市販されているのはlarge coneです。

・コーンはメーカー種類により同じ番号でも溶倒温度が違います。併用して確 認することをおすすめします。
・コーンは焼度(焼成効果、焼成度)または、耐火度を測定するもので、受けた熱量によって倒れてきます。
・コーンは通常、目安温度の品番とその前(ガイドコーン)後(ガードコーン)の計3本を使用します。
・温度計や表示温度の正確さを測定をしたり、温度チェックは出来ません。温度チェックをするには温度チップを使います。
・オルトン社説明書(英語) PDF2.7MB
ゼー ゲルとは? 科学的陶芸技術の父、ドイツの科学 者ヘ ルマン・ゼーゲル(Hermann August Seger)の名前に由来。
粘土や釉薬をシリカ成分・ ア ルミナ成分・塩基性成分の3 種と着色剤に分け、その 比を表す 示性分析法のゼーゲル式や、式を応用したゼーゲルコーンを発明。耐火度を表すSKはドイツ語で Seger Kegel(ゼー ゲル錘)に由来する。

オ ルトンとは? 1896年アメリカ、オハイオ州立 大学 Edward Orton Jr.博士がコーン製造会社を設立した事に由来。
博士もまた窯業に科学の原理を導入した先駆者で焼成中の焼度を測定する視覚的なデバイス、オルトンコーンを考案。Edward Orton Jr. Ceramic Foundation会社はコーンの他温度チップ、焼成や温度管理の機器を研究開発している。


ゼー ゲルコーンとは? 1886年ヘ ルマン・ゼーゲルが発明。
当初ドイツから輸入してい たが、1920(T9)年に当時の商工省東京工業試験所で研究開発に成功し国産化され、現在
日本では東工試から製造を引き継いだ 社) 日本ゼーゲルコーン協会が 製造販売するゼーゲルコーン(JSコーン)が一般
的で東京ゼーゲルと呼ぶ事が多い、それに対し京都市工業試験場で作られていたものを京都ゼーゲルと呼ん だ。SKは同じでも溶倒温度は違い、京都の方が東京より2番ほど低いデータが多い。



価格・取り扱い品番

在庫がある品番

少量の在庫がある品番

在庫が無い品番

 品番


目安溶倒温度
温度対応表 (pdf)
60℃/時 150℃/時

  価格
 (税込)
2 本/組
  価格
 (税込)
箱/25本
在庫



お支払い 方法
 cone 3
1152℃
1170℃ 2 本/組
¥260 ¥3,250
僅か


 







 cone 4
1162℃
1183℃ 2 本/組
¥260 ¥3,250 僅か
 cone 5
1186℃
1207℃ 2 本/組
¥260 ¥3,250
 cone 51/2
1203℃
1225℃ 2 本/組
¥260 ¥3,250
 cone 6

1222℃
1243℃ 2 本/組
¥260 ¥3,250
 cone 7

1239℃ 1257℃ 2 本/組 ¥260 ¥3,250
 cone 8

1249℃ 1271℃ 2 本/組 ¥260 ¥3,250
 cone 9

1260℃ 1280℃ 2 本/組 ¥260 ¥3,250
 cone 10

1285℃ 1305℃ 2 本/組 ¥260 ¥3,250
 cone 11
1294℃
1315℃ 2 本/組
¥260 ¥3,250
 cone 12
1306℃
1326℃ 2 本/組
¥260 ¥3,250 僅か
 cone 13
1331℃
1348℃ 2本/組
¥260 ¥3,250 僅か
2019/8/1 価格改定
*他品番もご希望があれば取り寄せる事も可能です。価格や納期に2〜4週間必要ですので見積もり、ご相談下さい。
 また、オルトン社 他製品も米国より取り寄せします。

※ 従来のラージコーン(Large Cone)もご指定品番をケース単位(50本入)でお取り寄せ可能です
 価格は為替なども影響しますのでお問い合わせ下さい


配送料金のご案内
分かり易い全国均一料金(一部を除く)でお届 けします。(配送料金も消費増税で値上がり)
※ 輸送上の破損を防ぐため専用梱包材を導入しています
※当社では最安の運賃でお届け出来るよう努力しています。運賃は事前にご案内しており、変更の場合もあります。
組=2本毎のご注文となります。
梱包費込
※専用梱包材使用
各番合計 5組= 10本まで  全国一律
¥250 ※メール便等でお届け
各番合計 10組= 20本まで  全国一律 ¥500 ※メール便等でお届け
各番合計 25組まで      全国一律
¥700 レターパック/宅配便でお届け
各番合計 26組以上      全国一律 ¥1,000 ゆうパック等宅配便でお届け
ケース(12.5組25本)単位
 見積り
ゆうパック等宅配便でお届け
※メール便は発送完了案内送信日から3〜6日程度 (宅配便よりプラス1〜3日)で郵便受けへのお届けとなります。
※配達時間のご指定がある場合は宅配便でお届けします。

ご注文は nisiura@artclay.biz または  ショッピングカートがご利用いただけるようになりました。

お支払いのご案内 以下からお選び いただけます。
【郵貯払込】( 請求書に振替用紙添付します)商品到着日から約1週間後までにお振り込みください。
【郵貯振替】 振込手数料はお客様負担となります。料金など詳しくは郵貯銀行の サイトをご覧下さい。
【銀行振込】(南都銀行、北伊勢上野信用金庫)振込手数料はお客様負担となります。
【代金引換】  ご希望によりご利用いただけます。代引手数料はお客様負担となります。

トップ | お支払い方法 | 特定商取引に関する法律に基づく表示

不明な点はお気軽に御問い合わせ下さい。

株式会社 西 浦 商 事  http://www.artclay.biz
〒630-2301 奈良県奈良市石打2321番地
tel:0743-92-0414  fax:0743-92-0720